« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月22日 (木)

ミステリ&人づきあい&美女

最近読んだ本です。
どれもどこかで薦められていたもの。


はあちゅう主義。で最初気になり
その後勝間さんのチャボ!参加の著者の方ということで興味を持ちました。

また来年営業職になると思うので読んでおこうと思いました。
(著者の方は世界で2位の営業成績になった人?というので有名だった気がします)

著 和田裕美/人づきあいのレッスン

苦手な上司にあだ名を付けると言うのはいいですね。
「○○どん」というのが例に挙がっていましたが。

あとはわがままを言う時には体を揺らす、というもの。
仁王立ちになった「私はコレがいい!」というより
肩をスイングさせながら言うと「私はコレがいい〜」と
相手に与える印象が自然とやわらかになるというもので納得。

頭で「優しく言おう」と考えるよりもまず「体から入る」のが
コツなのかも。

私なりにやっていることは
嫌な考えが頭から離れない時に
ブンブン頭を振るとけっこう気が晴れます。
「考えないようにしよう」って思うよりは効くと思う。


2009年度の「このミステリーがすごい!」の海外部門一位の作品
「チャイルド44」

父が読み終わったものを借りました。
作者は29歳でこの作品が第一作目だとか。
いやーすごい。
人物の描写、「嫉妬」とか「惰性」とかそういう感情についての
書き方が印象的でした。
あとは「信じること」についてとか。


最後の一冊
「世界一の美女の創りかた」

かなり売れたのか既にパート2が出ているみたい。
2007年のミスユニバースに森理世さんが
その前の年の知花くららさんが準優勝になりましたが
その二人をプロデュースしていたのが著者の方。

日本の男性が好む「かわいい」を批判したり
またそれに従う日本人女性も自らの魅力をわかっていないと
言っていました。

「Tバックを履きなさい」や「香水をお忘れじゃない?」と言った
提言は自分が女性である、ということを強く意識するための道具なのかな
と思いました。

意識をコントロールするのってやはり自分の意志だけでは難しくて
見た目や香りなどの五感を使っていくのが重要なのだということを再認識。

それにしても「世界一の美女」になるための努力は
凄まじいもののようです。
私はその努力はまったくできていませんが
別の分野で活躍できる人物になる努力はしていこうと
思いました。

(でも下着とネイルはお金をかけたいと
この本を読んで思ったよ!)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年1月21日 (水)

ヤフオク記録

教習所まだまだ序盤ですが
わりと楽しみながら通っています。
(田舎の親に送る手紙のよう・・)

やっぱり新しいことを学んだりするのは
いいですね。

今日は母に頼まれてyahoo!オークションに出品したりしてました。
適当にやればすぐ終わるのですが
極めようと思ったらなかなか時間がかかるものだと思います。

家族の着なくなった衣服などを出品しました。

手順にするとこんなかんじでやってます

1デジカメで商品撮影(背景やシワなどにも気を遣う。。)
2衣服だったら着丈や身幅、肩幅など測ると良い
3重さも測れたら定形外郵便の料金が載せられる
4パソコンでヤフオクに行ってカテゴリーを探す
5「出品する」で手順の通りすすめる
テンプレート活用
7出品価格を似た商品の様子を見つつ決定
8送金・発送方法など。注意事項など書く

テンプレートでやったほうが断然見た目
きれいですね。このサイトを使わせていただいてます。

慣れれば早くなるのですが、やはりなかなか面倒ですね。
まとめてやった方が効率もよさそう。

でもヤフオク上でちょっとした反応を見られるのが楽しいです。
出品者はアクセス数やお気に入り登録数がわかるので
タイトルの付け方や出品価格でどのくらい変わるのかとか
試したりしています。

あとは入札が多い人のページを見ると
商品説明のコメントとか勉強になりますね。


Sn3d0205
(ハーブドッグがやはり一番すき!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

脳で知る

読みました。
脳を活発にさせるためのちょっとした工夫や生活習慣について
書かれています。

いいところは、著者の方が脳神経外科専門医なので
根拠が「自らの経験」ではなく学問だというところ。
かなり説得力があります。

15の習慣が提案されています。

私が気になった部分は三つ
・「24時間」仕事人間になると逆効果
・夜の勉強は吸収→朝まとめ
・片付けができない人は頭頂葉が痩せている


にも時間を制限することが重要と書かれていました。
「段取り〜」の方の著者の方はプライベートを大切にしたいという思いで
そうしはじめたみたいですが
脳の構造から見てもそれが仕事に良い影響をもたらしてたんですね。

今日は健康診断受けに行ってきます。
採血、、久しぶりで緊張。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

卒論終わり

15日に卒業論文を提出しおわり

テスト&レポートもいくつか終わり
残りは1テスト&1レポートのみ・・

卒業したい!


卒論執筆のお陰で、ちょっと生活サイクルが
朝型になりました。
夜眠っている間に頭ってアイディアを整理してくれるらしいですね。
私の場合ギリギリなとこが悪い癖で
夜頑張って色んな締切に間に合わせることが多かったんですが
夜はこんなアイディアがあるな、とか知識を吸収したりして
そこで無理にまとめようとせず
朝やったほうが良いと知りました。

あと!カーサ・ブルータスすご過ぎと思いました。
卒論で、建築について少し調べていたんですが
ある国の建築流派について、三冊くらい参考図書読んだ後
カーサ・ブルータスで同じようなものを扱っている号があったので
読んでみたら、ほんとうにしっかり調べて、難しいことを噛み砕いてある。
写真が豊富なのでパラパラめくっても楽しいし。

こういうブルータス本は、入門書の一歩前とかいうイメージだったのですが
ちょっとそれ専門の本を何冊か読んだよ、という状態で読むと
こういう取り上げ方したか!と思ったり、
頭の中にたくさんの事実がバラバラでつまってたのが「まとめノート」みたいに
すっきり整理されるので、予想以上に良かったです。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月10日 (土)

岡田さんに学んだ節約

岡田斗司夫さんの「いつまでもデブと思うなよ」
読んではいないのですが
流行った時期に雑誌でその方法が紹介されていて
食べた物を一つ一つ全部ノートに書くというのを
実行したそうです。

私は、一時期「なんでこんなにお金が減るんだろう」と
バカのようなんですが(自分で把握できていないだけ)
大きな買い物もしていないのにな、と不思議に思って
岡田式で、食べた物ではなく、買ったものをすべて書き出すことを
してみたんです。
9月から3ヶ月くらい続けたのですが
驚くことに無駄遣いがかなり減りました。

ダイエットだけじゃなく節約にも効果があるんだなーと。

あとは意識していない消費(日々のお菓子など)が
積み重なり一ヶ月でどのくらいになるかわかったのがよかったです。

やはり可視化すること自体も物事の把握に重要だし、
支出を「書く」ことで消費を自然と意識するようになったんだと思います。

以前はコンビニに行くたびに
バイト前などちょっとした物を買っていたんですが
最近はコンビニ自体も利用しなくなりましたし
行っても、必要以上に買うことが本当になくなりました。

あと自分がどれだけ本代や知識にお金を使っているかもわかります。
(図書館で借りることも多いのですが・・)


また書くの再開しようかなー。

ちなみに10月の一ヶ月分だけ
おおまかに何に使っているか書いたのが残ってるので
ここに載せておきます。
食費(お弁当など) 6306円
交際費(飲み会や友人との食事など)23510円
美容・洋服 18080円
生活用品(プール行ったり?)2202円
交通費(バイトの支給分も含まれているので実質は半額位?)11290円
本代 2718円

全額合計66106円
(実家暮らしです)

10月は、支出書き始めて一ヶ月経ってるので
無駄な食費はほとんどないためかなりおさえめ。
学校ある日にご飯を買うくらい。

交際費はこの月は多めだった気がします。
友人と会う時間は大事だしここは抑えたくないですね。。

ちなみに10月のバイトでの収入は8万前後だったと思います。

それにしても今月はあんまりお金を使ってないです!
卒論とかあるとあまり遊ばないからですかね。。
同時にバイトもあまり入ってないので
手元に残るお金は変わらないのかもしれません。
(プラマイゼロ)

ファイナンシャルプランナー的な知識を
つけたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

そろそろ

今日から社会人のかたは仕事始めの人が多いですね。

私はまだ冬休みですが
自分に甘いので余計だらけてしまって・・
これではよくない

今日もちゃんと起きれたと思い卒論を書いていたのに
昼頃の眠気に勝てず眠ってしまいました。・・

朝日新聞3日の記事なんですが
文化の面を読んでいたら興味深いことが書いてあったので
ここに書いておきますね。

「ネットは自分の欲しい情報しかいらない、という
ナルシズムの道具。
ドストエフスキーが表現した生命力は
異質なものを受け入れる努力によって
鍛えられるのです。」

その記事は他にもおもしろいことが書いてあったので
また書きます。

今日から私もバイトです。

では

Sn3d0197_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

flickrに登録

Sn3d0182

ブログを見回っていると
たまに見かけていた「flickr

英語版しかなく、二の足を踏んでいたのですが
時間のある学生のうちに登録だけでもやってしまえ、と思い
やってみました。

利点3つ挙げてみます。
・ネット上に保存できるので(保証はないけど)バックアップとして有効
・アルバム整理がしやすい(タグやセットという機能を活用)
・パソコンで写真を見るのがなんとなく楽しい。写真+コメントでテンション上がる。

登録時に面倒なのは
yahoo!USAのアドレスを持っていないといけないので
取得の手続きが必要なこと。

あとは日本語ガイドのホームページもあるので
それに従って進めていけば難なく写真アップすることができました。

ちなみに無料バージョンだと
一ヶ月に100MBまでアップすることが可能です。
(アップロードできる総容量は無制限)
私の場合デジカメ携帯で撮った写真126枚載せたところ
100MB中80%分アップロードしましたと表示が出たので
あともうちょっといけそうです。

まだまだタグやセットなど使いこなせていなくて
他にも「geoタグ」など興味深い物があるので
徐々に覚えていけたらなと思います。

ちなみに私のphotostreamは→こちらです。よろしければ。
(まだほとんどが旅行の写真ですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

おめでとう2009

明けましておめでとうございます。

Sn3d0179

年賀状の画像で失礼します。

(ブログの予約アップ機能を活用して
元旦00時に公開できるようにしたのですが、大丈夫かな?)

2008年は私にとってブログ元年というか
良いブログに、出会い、刺激を受けた年でした。

同年代の真剣な考えというのは、ある程度の信頼関係があったり
「しゃべり場」のような空気の中でしか
なかなか語られることはありません。
けれど、ブログを通して「同年代」のまじめな部分を
垣間みれたのはとてもありがたかった。

また、私がちゃんとこれまで話したことのないような世代
30代40代の方のブログを読んで
自分との「身長差」に愕然としたり
目からウロコがぽろぽろ落ちたりと
少なからず影響を与えらました。


このブログはまだはじめて3ヶ月かそこらのブログですが
今年もよろしくお願いいたします。


2009年がみなさんにとって、幸せな年でありますように!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »