« 素早く | トップページ | 2009年クオバディスでいく。 »

2008年12月16日 (火)

卒業論文提出に向け

ジャスト一ヶ月です。

今日が12月15日なので、卒論提出まで、ついに一ヶ月を切りました。

大学での学生生活の集大成が「卒論」と言われていますね。

どうなることやら、逃げずに頑張ろう。


ブログ感想文企画

勝間さんの著書「読書進化論」のブログ感想文に応募し
→本との関係、本を軸に「売る」を考える

その結果「参加賞」をいただけました。
選考理由も丁寧に書いていただき、その誠実な対応に素直に嬉しくなってしまいました。
「大学生らしさ」を評価されたのは稚拙の裏返しでもあると思うけれど
何も知らないが故に、言えることもある、ということで、、。
勝間さん、小学館の方、ありがとうございます。

そして今回のことで思ったのが
どんなことでも行動していけば、何かしらのレスポンスがある。
自分のなりたい像に向け、行動することの大切さ。
書いてみること(誰かに何かを伝えること)で起きること。


よし!いまから英語勉強二時間やろう!!
今日もDUO3.0中心に。

Sn3d0150_2

大きいハンバーガーが似合うようになったら
英語も上手く話せるだろーか。
一つ700円とかするハンバーガー好きです。パンの部分が大事な気がする。
THE GREAT BURGER (原宿)

|

« 素早く | トップページ | 2009年クオバディスでいく。 »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1109567/26214064

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業論文提出に向け:

» はじまりは卒論? [マダム スンの台湾と日本の片隅で]
アジアへの興味が高まってきたのは、大学に入ってからだった。最初は中国や台湾に限らず、ベトナム、タイ、インドネシア、マレーシア、シンガポールなど広域、とにかくアジアにロマンにも似た感情を抱くようになっていた。大学3年生から国際関係論のゼミに学び、担当教授の専門は日米戦後政策だったが、太っ腹の彼は卒論に対する注文を言い渡す際、「世界中、どこのことを書いてもいいです。」と述べたのだ。ふだんと変わらぬ、人の良い柔らかい笑顔を湛えて。しばらくは迷ったが、私は中国を書くことを決意した。最...... [続きを読む]

受信: 2009年1月12日 (月) 17時57分

« 素早く | トップページ | 2009年クオバディスでいく。 »