« 2009年クオバディスでいく。 | トップページ | その気持ちがうれしいから! »

2008年12月19日 (金)

玉石混交の世界で何をする

「つくれぽ100人」(クックパッド)
「再生回数の多い順、お気に入りの多い順」(youtubeやニコ動)
「殿堂入りコスメ」(@コスメ)
「○○○users」(はてなブックマーク)
などネット上の玉石混交の「玉」を見つける道具が多く存在している。

「ウェブ進化論」(著・梅田望夫)の中で
グーグルの検索機能が成し遂げたことの一つとして
ネット上から「玉」を見つけやすくしたこと。が書かれている。
ネットになじみのない世代は、ブロガーや無名の映像作家たちが
多く誕生したことの対し「どうせ玉石混交、ほとんどが石」と言って
関心を寄せないことが多かったようだ。


私は以前バイト先で60歳くらいの男性が、30歳位の娘に対し
「2ちゃんねるなどというのはクズの集まりだ。
ネットも信頼できない。」と酔っ払いながら話しているのを見かけた。
娘はやや呆れながらも2ちゃんねるはネットの一面に過ぎないことや
とにかく教えるからネットを一緒に見てみよう、と説得していた。
その男性はいつもはにこにこ笑っており老人にありがちな「頑固さ」など
感じさせないのだが、身内に対して、というのもあったのかひどく機嫌を損ねてしまっていた。

しかし、ネットは触れてみなければわからない。
玉石混交であることは間違いない、もちろんインモラルな書き込みも
多く存在する。それに対して嫌悪感を抱くのは自然なことである。

善にもなる悪にもなる。
善の部分を引き出して使えるのがよい方法だ。

「100人の顔を合成すると最高に魅力的な顔が出来上がる」
正しくはなんというのかわからないが、上のような実験を
目にしたことがある人は多いのではないだろうか。
この仕組みが気になって、ただの「平均化」ということ?
では百人に「円」を書いてもらったら完璧な丸、になるのだろうか。


ネット上に溢れる「口コミ」
「100人の意見を合成すると最高に信憑性の高い情報が生まれる」
のか?
それともただの平均化、何もない意見になる?
いや、「平均の意見」がわかるってことがすごいのか。
偉大な平均、みたいなかんじか。。

だらだらと長く書いてしまったのは
卒業論文からの逃避かもしれない。。

結論の出ないままとりあえず終了ですみません。

|

« 2009年クオバディスでいく。 | トップページ | その気持ちがうれしいから! »

考えたこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1109567/26347657

この記事へのトラックバック一覧です: 玉石混交の世界で何をする:

« 2009年クオバディスでいく。 | トップページ | その気持ちがうれしいから! »